菜根譚-111(市私恩不如扶公儀)

わざとらしい人助けをするよりは、義に基ずいて発言、行動した
方が良い。新しい出会いを求めて交際を広げるよりは、旧い付き合いを
濃厚にする方が良い。

名を上げ、立派な業績を誇るよりは、むしろ人知れず陰徳を
積む方が良い。奇特な事をして皆を驚かせるよりは、日常の
平凡な行いを慎んだ方が良い。
スポンサーサイト

菜根譚-110(老来疾病)

年をとってからの病気は、血気盛んな時の不養生が原因である。
家運が衰退してからの禍は、その多くは昔隆盛時代に作った罪悪の
報いに外ならない。
よって君子たるものは、冨貴権力の旺盛な時に、謙虚に哀れみの心を養い
自らの行いを畏れ慎み罪悪を犯さないようにつとめなければならない。

菜根譚-109(怨因徳彰)


怨と云うものは、それのみではあまり感じることはないが
誰かから恩徳を受けた時に、その徳を知ることによって
怨を相対的に強く感じるものである。
即ち徳を知れば、自ずと怨が生まれてくるわけである。

よって両者共に心から放たしめて無の境地に至るに越したことはない。
仇と恩もまた同様の論理である。
よって仇と恩二つながら滅して無に帰せしめるに越したことはない。
怨みと徳、仇と恩それに捉われない寧静の境地にいたらなければ
真に道を体得した人ではない。

菜根譚-108(天地有万古)


天地はその始まりより無窮でその営みは千変万化すれども、
変わることはない。
しかし、この身は一旦土に帰れば二度と再び得ることは出来ない。
人の一生は、どう観てもせいぜい百年がいいところ。

しかも、月日は無情にも瞬く間に過ぎてゆく。
折角この世に生まれ出たからには、その生を十分に楽しみ、
いたずらに虚しく過ごすことの無いように心得なければならない。

菜根譚-107(士君子持身不可軽)


人を指導すべき立場の人間は、言動や行動が軽率ではいけない。
軽がるしければ、まわりから侮られ適切な判断が出来ない。

だからと言って、言動や行動が重々しくてはいけない。
それでは、物事に拘泥して自由を失い、いざと云う時に
臨機応変に対処出来ないのである。
プロフィール

天地有情

Author:天地有情
孔子像(湯島聖堂)
kousi-0001.jpg

菜根譚の原文、書下し文は、こちら。
http://fanblogs.jp/yositugu88/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR