FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菜根譚-109(怨因徳彰)


怨と云うものは、それのみではあまり感じることはないが
誰かから恩徳を受けた時に、その徳を知ることによって
怨を相対的に強く感じるものである。
即ち徳を知れば、自ずと怨が生まれてくるわけである。

よって両者共に心から放たしめて無の境地に至るに越したことはない。
仇と恩もまた同様の論理である。
よって仇と恩二つながら滅して無に帰せしめるに越したことはない。
怨みと徳、仇と恩それに捉われない寧静の境地にいたらなければ
真に道を体得した人ではない。
スポンサーサイト
プロフィール

天地有情

Author:天地有情
孔子像(湯島聖堂)
kousi-0001.jpg

菜根譚の原文、書下し文は、こちら。
http://fanblogs.jp/yositugu88/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。