スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菜根譚-106(不責人小過)


他人の些細な過ちを敢えて責めるようなことをせず、また
隠しておきたい他人の秘密を暴き出すようなこともせず、
そして他人の古い悪事を、いつまでも忘れないのは気持ちとしては
分かるが、あっさりと忘れてしまう。

この3つを念頭に心がけて実行する時は、己の徳性を養うことになり
そのことが、他人から怨みを遠ざけ、他から来る禍から守ることになる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ

無性に今日の言葉が滲みました。
でもそのように生きるのは難しい気がします(o´д`o)=3

おじゃましましたヾ(・◇・)ノ

PHiRo様

コメントありがとうございます。言葉が滲みましたか?
私もそうですが、一つか二つは、心当たりがあるものです。
難かしいと言ったらそれでおしまい。
先人の言葉は、実体験から来たものです。
最初は無理でも、心構えは持ちたいものです。
私は、この条を自分で書きながら、グキリときました。
何で分かっているのだろうと。
世の中そんなものです。
お天等様は、お見通し!
プロフィール

天地有情

Author:天地有情
孔子像(湯島聖堂)
kousi-0001.jpg

菜根譚の原文、書下し文は、こちら。
http://fanblogs.jp/yositugu88/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。